main

質の高いサービスを提供し、地域の皆様に愛され、
安心して過ごせる地域社会の実現に貢献する。

 

スタッフインタビュー

佐藤博導さん

interview05

起業経験を経て50歳から介護に挑戦!毎日楽しくて仕方がない!

和光の園(老健) 介護職員 佐藤博導さん

■ 何がきっかけで和光の園で働くことになったのですか?

 私は元々電気の自動制御の会社を仲間と立ち上げ、介護とは縁のない仕事をしていました。しかし、家族の介護のため休職し、13年間の介護を経験しました。その際にお世話になっていたのが、川崎臨港病院の理事長です。そんな理事長から新しく当施設を立ち上げるということで、お声をかけていただきました。介護をやってみたいという気持ちと、理事長への恩返しのため、当施設で働くことになりました。

 

■ 初めての介護という仕事はどうですか?

 毎日楽しくて仕方がないです!ご利用者様の見たことがないしぐさや、病気の対処法を学び、一日も早くご自宅に帰れるように取り組んでいるお姿を見れます。そして、名前を覚えていただき、「ありがとう」と言ってもらえることが、本当に嬉しくなります。また、スタッフ間が良い雰囲気でチームワークがあり、年齢の差や資格の有無などがあっても分け隔てなくコミュニケーションがとれるので、働きやすい環境です。

 

■ 求職者へのメッセージをお願いします。

 まだ、開設して間もないからこそ自分達で和光の園を運営していくことができます。スタッフはまだ少数ですが、全員の力を合わせて、ご利用者様に寄り添えるような施設を作っていきたいと思います。あなた色に施設のカラーを変えることが今ならできます。これから一緒に働く方の力を存分に発揮できる場所です。施設も綺麗ですし、理事長先生も寛大で良いお人柄なので働きやすいと思います。

東亭伸也さん

DSCN0651 2

食事だけではなく生活全体を見られる管理栄養士になりたい!

花みずき(特養) 管理栄養士 東亭伸也さん

■ これまでの経歴を教えてください

 大学を卒業して栄養士の免許を取得しました。その後は、病院の事務職や経理として勤務をしていました。しかし、働く中で資格を活かしたいと思うようになり、勉強をし直して当施設で働くことにしました。当施設は、特養や老健の両方のご利用者様を見られることもあり、効率的に能力を磨けると感じました。

 

■ 働いてみてギャップはありますか?

 良いギャップは、食事以外のことにも仕事で関われることです。当施設では、食事だけではなく、ご利用者様の飲み込みや食器類のことまで考えることが必要であるため、リハビリやSTといった多職種の経験も積むことができます。悪いギャップは、栄養士の数が少ないこともあり、他職種の職員に栄養のことを伝えることに難しさを感じています。同じ時期・同じ研修を受けた職員同士の団結力が、当施設のウリであるため、克服していきたいと想います。

 

■ 今後のビジョンはありますか?

 「食事が美味しい」と言われる施設にしていきたいと思います。そして、専門性を高めて食事だけでなく飲み込みなどの食事動作なども全てを見られる栄養士になりたいです。今ある環境に満足するのではなく、自分達が施設を作っていくんだという風土があります。未経験も多く広く窓口を開いているため、施設の方向性を決めていきたい人はぜひ一緒に働きましょう。

 

永利拓郎さん

interview03

地域の皆様に愛され気軽に入れる施設にしていきたい!

和光の園(老健) 介護職員 永利拓郎さん

■ 和光の園で働こうと思ったきっかけはなんですか?

 私は老健で6年ほど勤務した経験がありましたが、しばらく現場を離れていました。「ブランクはあるけどまた介護施設で働きたい」と思っていた時に、新規オープンで立ち上げから関われる当法人の求人を見つけました。「ここなら自分の理想の施設を作れる」と感じ、働くことを決めました。

 

■ いざ、施設の立ち上げから関わってみてどうですか?

 現場をまとめるのはもちろん、業務日誌や朝礼、オムツの置き場所など様々なルールを1から作っています。大変ですが面白く、職員もご利用者様も一緒に笑い合える雰囲気が和光の園にはあります。また、特養と老健を一緒に展開していることもあり、記録の仕方などを意見交換したり、協力しながら取り組んでいます。

 

■ どんな施設にしていきたいですか?

 職員同士が楽しんでいないと、ご利用者様にも伝わってしまいます。地域の皆様が「また、おばあちゃん来たよ」と気軽に入れる明るい施設にしていきたいです。わきあいあいとした雰囲気なので、経験がなくても大丈夫です。一緒に成長して、地域の皆様に愛される場所を作っていきましょう!

 

関 音花さん

interview02

ご利用者様からの応援が私の力に!

花みずき(特養) 介護職員 関 音花さん

■ 花みずきで働くことになったきっかけはなんですか?

 私は小さい頃から身体を動かすことがすごく好きでした。そのためなのか、医療事務の実習に行ったこともありますが、物足りなかったです(笑)。そんな中、アルバイトのお寿司屋でお年寄りの方と接することが多くあり、介護に興味を持つようになりました。学校での説明会で、オープニングから関われることに興味を惹かれ、縁があって入職しました。

 

■ 仕事を経験してみてどうですか?

 仕事が大変な時でも、ご利用者様から「今日は良い顔してるわね、頑張って」と応援されたら、もっと頑張ろうという気持ちになります。ご利用者様と接することが楽しく、顔を見かけると笑いかけてくれるご利用者様が多いです。また、例えば着替えなど普段は気にしない身体の動きを、人にするにはどうすればいいのかといった発見がありました。

 

■ これからの目標を教えてください。

 介護は、助け合いとコミュニケーションが非常に大切な仕事です。リーダーは、高度な業務が集中してしまい、溜め込んでしまっているように感じます。さらにスキルを身につけ、リーダーのサポートができるようになることが今の目標です!

高瀬明子さん

interview01

理事長自ら食事介助をする姿に感銘を受けました!

花みずき(特養) 看護師 高瀬明子さん

■ 仕事のやりがいはなんですか?

 以前は病院でバリバリと働いていました。その頃は大変過ぎて気づきませんでしたが、当施設で働く中で自分が人と話すことがこんなに好きなんだと改めて気づくことができました。施設は、病院と違い最後を終える場所だと考えて生活をされていらっしゃる方が多いです。看護師としてこちらが見抜かなければ症状がわからないこともあり、貴重な経験ができていると感じます。

 

■ 理事長はどんな方ですか?

 理事長が非常に純粋な方で、人のために生きているような素晴らしい方です。理事長自ら食事介助をしたり、ケアをされる姿を見ると、医療者は本当に人のために尽くすことが大切なんだと感じます。そんな理事長が当法人にいらっしゃることが、私がここで働く理由の1つです。

 

■ 求職者に向けたメッセージをお願いします。

 施設が綺麗で、スタッフ間の仲がよく、理事長のケアが素晴らしく、川崎臨港病院と連携も取れた人間関係がよい職場です。働きやすい環境だと思いますので、興味があれば気軽にご応募ください。

スタッフアンケート

どうして当施設(介護という仕事)を選んだのですか?

介護士・看護師 統合

  • 家族のことがあり、少しでも介護の技術を身につけたいと思ったから。
  • おじいちゃん子・おばあちゃん子だったことがきっかけで、介護という職業に興味がありました。初任者研修を終了し、実際に職に着く決心をしました。
  • 「地域社会に何かお役にたてたらいいな」「人の役に立ちたい」という思いでこの仕事を選びました。
  • 高齢化社会の中で最重要とされている仕事であり、やりがいのある仕事だと感じたから。また、施設はユニット型であり、新しい発見と成長ができると考えたから。
  • 新しくオープンされたため、職員や入所者様との関係が全て1から始められる!と思いました。また、施設立ち上げの醍醐味を味わいたく希望しました。

 

入職の決め手はなんですか?

手を上げる コメあり 

当施設に入職して成長できたことはなんですか?

seichou

  • 何も知らなかった介護の世界を知り、外から見ていたイメージと違うことに気づけました。正しい介護知識や移乗や入浴介助など、少しずつですができるようになりました。
  • 担当ユニットは介護度の高い方が多く、目的であった身体介助の経験を充分積めていると思います。
  • ユニットによって特徴があるので、日々スタッフと協力しながら業務に取り組んでいます。利用者の皆様と過ごす日々に充実感があります。
  • ご年配の入居者様の笑顔を見て、心がホッとなごみました。
  • 人に対する気持ちを考えるようになりました。まだまだ成長していきたいです!
  • 実際に仕事をしてみて、高齢者の方を見る目が変わりました!また、人に対する見方も変わり、周りから性格が穏やかになったと言われる程です!

 

家族や友人に職場のことを説明するときにどのように説明しますか?

耳打ち

  • 特養・老健の一体型施設!同じ建物内で協力し合っているので、良いところや改善すべきところを共有して成長していけます。
  • 何と言っても建物が新しく立派で綺麗です!設備も充実しており、広々としたリビングにオープンキッチンもあり、入居されている方も満足されているのではないかと思います。屋上で菜園もしています!
  • ユニット対応を一から経験することができます。
  • 小さな子どもがいても働きやすいです。スタッフ間の仲がよく、どこにいても明るくなります。
  • 1つの扉から、特養と老健が展開している施設です。自立支援、介護を実践していく施設なので、特養でありながらも在宅復帰を目指します。
  • オープニングなので自分の意見を言うことができます。
  • 利用者様とのふれあいの時間がとりやすい!

 

当施設に入ってしか得られない経験はなんですか?

介護手を合わせる2

  • 初心者でも皆さんがやさしく教えてくれるので安心できます。
  • スタッフ間の結びつきが強く、みんな協力的です。他施設と協力して、イベントなども共同で行えます。
  • 理事長先生と直接お話できます。
  • 温かい雰囲気でスタッフに恵まれているのでとても良いと思います。
  • 様々な入居者様がいらっしゃるので、色んな対応策を見つけて教えてもらいながら、仕事をさせていただけます。
  • 利用者様思いの先輩職員がたくさん働いているので、学ぶべきことが多いです!
  • 施設の運営がはじまってまだあまり月日が立っていないので、オープニングの経験ができます。
  • 特養と老健の合築施設なので、両方の雰囲気を感じれます。また、様々な専門職の人から話が聞けます。
  • 良いケアをするために、常勤・非常勤関係なく意見を出し合い現場を変えていけます。

採用情報